アンチエイジング化粧品ならどんな肌でもスベスベになる

婦人

乾燥を悪化させないために

レディ

保湿成分が最重要

乾燥肌を守るためには、保湿成分をたっぷりと含む化粧品を使うことが欠かせません。保湿成分としては、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリン、プロピレングリコール、ブチレングリコールなどがあります。また、アミノ酸や尿素、ミネラルなどの天然保湿因子も保湿化粧水には含まれています。そしてお肌の保湿力をさらに高めるためには、この天然保湿因子を生産を高めたり、細胞の間にあるセラミドなどの脂質の生成を高めてくれる成分も必要です。これにはユーカリ抽出液などが挙げられます。また、ライスパワーNo.11エキスもセラミドを増やしてくれます。お肌が乾燥しているということは、お肌を守る力が低下しているということです。よって毛穴が開いてしまったり、シミができやすい状態になっています。美白成分が含まれているものや角質層を整える成分が含まれているもので予防できます。ただし、強い刺激をもたらすものは乾燥肌に向きません。また、乾燥肌がひどい時期には化粧水が刺激となってしまうことがあります。お肌に成分を導入しやすくする成分が含まれているものは乾燥がひどい時期には使わないほうが無難です。かわりに添加物の少ない自然派の化粧水を選びましょう。美白対策のものもビタミンC誘導体ではなく、保湿もできるプラセンタで美白を目指すようにします。さらに化粧水の重ね使いをするのではなく、1本に絞るなどして使用してください。なるべくシンプルにケアすることで乾燥肌への負担を減らすことができます。